銀行と消費者金融のキャッシングの違い

キャッシング

銀行と消費者金融のキャッシングには、様々な違いがあります。まずは金利の違いです。一般的に、消費者金融よりも銀行の方が金利が低く設定してあることが多いです。より低い金利で借りたい人は、銀行の利用を検討すると良いでしょう。また、借りられる限度額にも違いがあります。消費者金融の限度額は約500万円ですが、銀行はそれ以上の貸し付けが可能です。ただし、限度額が明記されていても、必ずその金額まで借りられるわけではありません。審査の内容によって限度額は異なってきます。高額借りたい人は、限度額に注意して利用をしましょう。銀行は総量規制の対象外ですので、年収の3分の1以上の貸し付けが可能です。

金利が低く、限度額が高額な銀行ですが、審査は消費者金融よりも厳しいです。パートやアルバイトの場合は、銀行よりも消費者金融の方が審査が通りやすいでしょう。また、過去に滞納などの金融事故を起こした事がある人は、銀行での審査通過は非常に難しくなります。限度額は低くなるかもしれませんが、信用情報に情報が登録されている人は、消費者金融の方が利用しやすいでしょう。
決められた返済日までにどうしても返せない場合、消費者金融であれば返済日を変更するなど柔軟に対応してくれることがありますが、銀行ではそのような対応はしてくれません。
即日キャッシングは消費者金融だけではなく銀行も対応していますが、銀行の場合は口座開設が条件になっていることもあります。申し込む前に良く調べておきましょう。

その他の金融機関の即日キャッシング

キャッシング

信販会社やネット銀行でも、即日キャッシングを利用することが出来ます。クレジットカードのサービスを提供しているのが信販会社です。通常であればショッピングのみの利用になりますが、登録をして、個人に貸し付けを行う信販会社が増えてきました。自分が持っているクレジットカードで、キャッシングが可能なのはとても便利です。金利は消費者金融よりも低めに設定されていることが多く、銀行よりも審査が早く終わります。利用限度額は大きくはありませんが、一度登録をしていれば必要時に審査無しですぐに利用することが出来ます。全ての信販会社で即日キャッシングが可能なわけではないので、利用をする前に良く調べておきましょう。総量規制の対象になるので、年収の3分の1以上の貸し付けは出来ませんし、収入の無い人は利用出来ません。

楽天銀行などのインターネット銀行でも、即日キャッシングが可能です。ネット銀行は実店舗を持たない為、全てインターネットで手続きを行います。24時間受け付けが可能で、スピーディに手続きを済ませることが出来るのが特徴の1つです。また、金利が低く、総量規制対象外であり、大手のネット銀行であれば安心感もあります。借りるのも返済もインターネットでの手続きになりますので、いつでも自分の好きな時に操作できるのもメリットです。利用には口座開設が利用条件になりますが、既にネット銀行の会員で口座がある人は、より簡単に手続きが可能になります。

ブラックリストに載るとどうなるか

返済期日を過ぎても返済せず、長期に渡って滞納した場合、「金融事故」として処理されます。滞納だけではなく、自己破産の場合も同様に信用情報に登録されます。一度金融事故の情報が登録されると、いわゆる「ブラックリスト入り」となります。独自の信用情報を作成している金融機関もありますが、ほとんどの金融機関は、これらの信用情報を共有しています。キャッシングやローンの審査の時に、金融事故の履歴があると分かると、返済能力が無いと判断されます。当然ながら、きちんと返してくれないような人には金融機関はお金を貸しません。金融事故を起こした金融機関だけではなく、その他の業者に頼んでも、融資を断られる可能性があります。また、クレジットカードが作れない、住宅や車のローンが組めないという状態になります。しかし、この状態が一生続くのではありません。信用情報の登録期間は決められており、数年経てば情報が消えて、また借り入れをすることが出来ます。登録期間はおおよそ5年間と言われていますが、自分で信用情報の登録状況を確認することが出来ます。情報は本人にのみ開示されるので、信用情報センターなどで手続きを行えば、自分の登録情報を知る事が出来ます。情報は見るだけで、自分でこの情報を消す事は出来ません。誰かに頼んで消してもらうというのも出来ません。ですが、間違った情報が登録されているのであれば、問い合わせて修正することは可能です。
信用情報が影響するのは、金融機関だけであり、その他の生活において悪影響を及ぼす事はありません。仕事や就職活動などへの影響はありません。